春日井市消防署開署式

2024年3月31日

これまで梅ヶ坪町にあった春日井市消防本部が北城町に移転新築されました。その開署式が行われ、参列いたしました。石黒市長からのご挨拶の中で「開かれた消防署」と強調され、学習コーナーに力を入れて防災意識を高めることで火災を防いでいくとお話されました。広い駐車場や訓練設備も併設され、以前の消防署に比べて格段に素晴らしい設備が整い、市民の安全安心を守ります。

 

今日は県議会議員4名の代表ということで私からお祝いの言葉を述べました。「消防署の仕事は火災消化がメインですが、事故や病気・ケガ等で救急車の出動要請が大変多いと聞いております。昨年の出動平均数は1日45件ありました。この数字は春日井市民20人に1人を搬送されたという数字だそうです。我々市民の安全安心の為に365日働いてくださることに本当に頭が下がります。」

 

「昨年の新1年生が選んだ将来なりたい職業で、消防・レスキュー隊が第4位に選ばれました。地震や災害時に最前線で活躍されている様子をテレビで見て、人の為に一生懸命働かれる姿に感動し、自分もなりたいという憧れを持つのではないでしょうか。子どもたちの夢のために、これからも日々の訓練にご精進いただきますことをお願い申し上げます。」とご挨拶させていただきました。

 

その後テープカットがあり、その後署内の施設見学を行いました。学習コーナーは様々な体験をすることができ、年長児が喜んで消防署見学に参加する様子を想像しました。最後に消化活動と人名救助の訓練も拝見しました。本来ならばこの新しい消防署からの出動がないことが望ましいのですが、もしもの場合、この施設を拠点とし春日井市民の安全安心が守られることを心より願っています。